« ブログの開設にあたり | トップページ | ノイズの発生源は(その2) »

ノイズの発生源は(その1)

当地で運用を始めて以来、妙なノイズになやまし続けられました。特に21MHzバンド全般に、S7~9のノイズが10KHzセパ位に!はじめは・・・・・・・
  ・ADSLのノイズでは?
  ・TV(UHF)のブースターの劣化からのノイズでは?
  ・道路沿いの東電さんの電柱にあるトランスからでは?
と、探りを入れていましたが、とんと解決せず!
これは、友人からFT-817でも借りて、犯人探しでもするか?と思っていました。しかし、いつもノイズが出ているかと思いきやそうでもないのです。特に、リモートで運用をしている時は、ほぼ感じられない。無線機の前で受信するとガ~~・・・・

確かにリモートで運用している時の方が色々な余計な設備に、電源が入っていて、ノイズ源は多いはずなのですが・・・
何が違うか!?
シャックにいる時には、部屋の蛍光灯が・・・と思い、スイッチをOFFにすると、見違えたようにノイズが無い!
ONにすると、ガ~~~
と犯人はほぼ判明しました。

では、どう対策すれば良いのかと実家を建て直しした15年以上前の古~いインバータの蛍光灯なので、インバータ回路自体から出ているのでしょうが、給電部にコアをキャンセル巻きにして入れて見たり、リグの電源コントロールボックスに入れようかと思った、ACフィルター(250V30Aなんて代物なんでそのまま付ける訳にはゆかないですが・・・)を試しに入れてみたりしましたが、多少は改善されている気もしますが、使用に耐えるレベルには至れません。

グローランプの旧式の安い蛍光灯に変えちゃうかとも思いましたが、天井ジカ付けのものはほとんどがインバーターになっていて、価格的にも交換して改善しなくては元も子もないので、なかなか踏ん切りがつきません。
そこで、他の部屋にあった、電球式の照明器具を持ってきて取り付けて見ることにしました。
さすがに電球がノイズ源になることもなく、快適です。
しかし、電球照明は明るさの割りには光量も少なく、なんといっても夏場は暑いのです。
もしかして蛍光灯電球に変えてみてはどうか?と考え、6球の内1球を変えてみましたが、問題ないようです。
ということで、電球型蛍光灯に全てを変更完了し、現在のシャックノイズからは脱却できたのです。

|

« ブログの開設にあたり | トップページ | ノイズの発生源は(その2) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295987/32249725

この記事へのトラックバック一覧です: ノイズの発生源は(その1):

« ブログの開設にあたり | トップページ | ノイズの発生源は(その2) »