« FT-2000DとFT-DX5000の同居(その2) | トップページ | FT-DX5000+VL-1000での1KW免許変更申請(裏技?~) »

FT-DX5000の使用感(その1)

 導入したもののリモート運用はできないので、シャックに出向いた時しか使用できないため中々機会が持てませんでしたが、しばらくぶりにシャックに座ることが出来たので、所感として掲載します。徐々に夏コンディションともなってきて、ハイバンドの国内も開け、DXもそこそこ開けてきてますので、今後アクティビティを向上させたいところです。

■受信性能
①受信音感
 所感的にはフロアーノイズが静かという感じがします。これもローフレIF(1st IF:9MHz、2nd IF:30kHz)のダブルスーパヘテロダインの効果かも知れません。ただ、サブVFO(1st IF:40MHz)と比較しても、そう違いを感じられませんでした。
②ダイナミックレンジ:112dB/IP3:+40dBmの実力
 ダイナミックレンジを実感するには、近隣のハイパワー局のQRVか、コンテスト等でひしめき合う状況がないとルーフィングフィルター実力を確認はできないのかも知れませんが、休日の7MHzでの感じは、近接QRMはVRF等を使わずとも充分という感じでした。
③ノイズブランカ
 FT-2000Dもそうでしたが、NBの有効性は特段感じられません。販売店でモニタしてみたIC-7700の方が確実に効いている感じを受けます。(片田舎ですから、環境も違うのかも知れませんが)
④DSP関連
 これも使い込んでいませんので、なんとも言えない点も多いのですが、FT-2000Dと比べると、少しは良くなっている感じがします。特にNRD(ノイズリダクション)は、効かせ過ぎなければ、ノイズが引いて信号が浮きでる感じです。

■送信性能
①A級動作
 これは、FT-2000Dもあった機能ですが、リニアを接続して使用する上ではスプリアスの少ない電波を出すエキサイターとなり、有効でしょう。Maxパワーは75Wですが、リニアエキサイターとして問題ありません。
②その他
 特に比較材料もないため、なんとも言えません。今後音質やCW特性については、順次確認して行こうと思います。リニアとの接続性は接続ケーブルも含めFT-2000Dと同じで全て流用でき、良好です。

Ftdx5000_interior

■操作性
①直感的な操作
 小型機に良くあるような、ファンクションキーを押して操作する形態はありませんので、基本的な操作であれば、マニュアルを見ずとも操作できるのはありがたいところです。
②表示性
 八重洲の大型アナログメータは、如何にも無線機らしく個人的には好感度です。メインのディスプレイの他、3つの小型有機ELディスプレイが付いていますが、サブVFO・メインDSP・サブDSP用となっています。サブVFOの表示が小さいのでサブを重用している方にはちょっと違和感があるかもしれせん。DSP表示関係の視認性は向上していると思います。
③デザイン性
 こればかりは好き好きでしょう。YAESU派とICOM派の分かれるところです。ICOM派に言わせると「ダイヤルとボタンが多すぎて昔の無線機のようでどうも」との声が聞こえてきますが、逆に重厚さを感じてしまうのは私だけでしょうか?

Ftdx5000_front
 ※導入したものには、ステーションモニタはありません。

■その他
①大きさ
 大きさは、FT-2000Dと比較すると横幅、奥行きが増大しています。高さは同じですので並べて置いても兄弟機器が並んでいる感じです。ただ、梱包されてきた箱の大きさを比較すると、FT-2000D方が電源別の分大きかったです。
②重さ
 FT-DX5000は電源内蔵となりましたので、重くはなっていますが、一人で充分2階のシャックまで運び込めるものでした。
③背面の利便性
 背面のコネクタ類は、ほぼFT-2000Dと同じですが、アンテナコネクタが2→4に増えていますので、マルチバンダーには好都合かも知れません。

Ftdx5000_rear

詳細については、今後順次レポートして行きたいと思いますが、充分な測定器を使用してのものではありませんので、技術的なものは他のハイレベルな技術をお持ちの方に委ねます。そろそろレポートされる方も出てくるのではないでしょうか?

|

« FT-2000DとFT-DX5000の同居(その2) | トップページ | FT-DX5000+VL-1000での1KW免許変更申請(裏技?~) »

無線機」カテゴリの記事

コメント

こんにちは.私も買ってしまいました^^; ノイズブランカは効かないですね.特にワイドは何の用もなさないような^^;
一番気になるのは,CWでSが3~9の信号がバックグラウンドノイズに埋もれて聞きにくい点です.Widthを150Hz以下にすればきこえますが,200~300Hzとした場合,アナログ機と比べて明らかに聞きにくいです(Sが3以下や9以上は差はないです).
いずれにしてもヤエス(バーテックススタンダード)のIF-DSP技術はまだまだということでしょうか.
FT-1000MP(アナログの傑作機?)を売り払ったのを少々後悔してます.置き場所がないのでしょうがなくはあったのですが.

投稿: JE1SGH | 2010年6月 3日 (木) 09時47分

JE1SGH殿

コメントありがとうございます。

確かに、FT-2000もそうですがNBの有効性は、ほとんど見受けられませんね!自宅とシャックが別なものですのから、まだ使い込みをしていないので、上っ面の感触しか得られていません。
確かにCWの受信は、FT-2000のサブVFO(アナログ)の音感の方が、聞きやすく感じますね。
何かありましたら、SGHさんの方が、幾分早めに導入されているようですので、貴局のBlogかのコメントで、ご助言を頂きたく思います。

投稿: JF1MVF | 2010年6月 4日 (金) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295987/34906711

この記事へのトラックバック一覧です: FT-DX5000の使用感(その1):

« FT-2000DとFT-DX5000の同居(その2) | トップページ | FT-DX5000+VL-1000での1KW免許変更申請(裏技?~) »