« FT-DX5000の使用感(その1) | トップページ | オークションへの出品! »

FT-DX5000+VL-1000での1KW免許変更申請(裏技?~)

1KW免許は、FT-2000D+VL-1000の構成で落成検査を受け許可を取りましたが、主力機をFT-DX5000にしましたので、当然の事ながらFT-DX5000+VL-1000の構成で電波を出したいという事になります。
但し、一挙にFT-DX5000の増設とそれにVL-1000を接続する形態で変更申請を出すと、新たな1KW送信機の追加となるため、確実に再落成検査を受ける必要が出てきます。
色々情報を集めると、以下のような手順で変更申請を進めると合法的に落成検査を受けずに、FT-DX5000+VL-1000構成でに許可がおりる事が判明しました。日本も米国の様に包括免許制度であれば、こんな面倒な事はないのかも知れませんが、法治国家に済む国民としては、合法的に進めようと思います。

Ⅰ.まず、FT-DX5000単体として増設の変更申請を行う
 当然、技適対象の製品ですので、設計書に「増設」で追加をすれば、問題なく許可が下りてきます。

Ⅱ.次に、リニアアンプの接続送信機切替の変更申請を行う
 これは、ちょっと大丈夫か心配でしたが、当地の総通では、軽微な変更として再落成検査なしで、許可を受ける事ができました。この様にすることで、切手代以外の費用も掛からず、気が重い落成検査も受けずに、FT-DX5000での1KW免許を受けることができました。

 聞くところによると、リニアアンプの追加・変更でも同じように、軽微な変更として再落成検査を受けずに、変更申請だけで許可されるようです。但し、各総通毎のルールもあるようで、全国確実にこのような手法が取れるかは定かではありません。

|

« FT-DX5000の使用感(その1) | トップページ | オークションへの出品! »

その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは.FTDX5000 + 1kWおめでとうございます.私も同様の手順で軽微な変更で済みました.500Wですけど.
ちなみに,電子申請にしたので切手代もかかりませんでした^^;
FB DX!

投稿: JE1SGH | 2010年6月30日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295987/35573395

この記事へのトラックバック一覧です: FT-DX5000+VL-1000での1KW免許変更申請(裏技?~):

« FT-DX5000の使用感(その1) | トップページ | オークションへの出品! »