« ARVP-10とMicroSoft Update | トップページ | 17mHB9CV 4エレの実力? »

17mHB9CV 4エレの架設!

 天候の良い休日でしたので、かねてより準備中の17mHB9CVを架設しました。
当初は、組み立てから一気に上げようと準備していたのですが、全てを組み立てるとたかだか14Kgですが、重い・大きく、そのまま714XXのジャングルをくぐって上げる自信がなくなったので、結局組み立ては、マストの上で行う事となりました。

Hb9cv_0072
              準備中のHB9CV

 エレメント1本ごとは、軽いので容易に取付は可能なのですが、HB9CV特有のクロスバーやスタブの取付がやっかいです。合わせて、今までお世話になった、830V(ワークバンド逆V型DP)の撤去も行い、714XXのエレメントが折れたように見えていた感じがなくなったのは良かったのですが、やはり1本のマストに3本のアンテナを乗せるのはちょっとお見苦しい感じもします。著名なDX’erの様に1タワー1アンテナとは行きません。
通常、アンテナの架設だけでなく、同軸ケーブルの引き回しの方も大変なのですが、当初設置の4chアンテナ切替器がマストに付いていますので、3mの中継ケーブルを接続するだけで、これは簡単に終わりました。
 相互干渉を避けるために、90度CW方向に向きを変えて乗せて見ましたが、やはり影響があるのか、SWRは1.2~1.3程度です。どうも100KHz位下整合されているようですが、運用するには、許容範囲です。714XXやCD78への干渉の影響は、ぱっと見た限りでは大きな影響はなさそうです。ビームパターンがどうか迄は検証していませんが、とりあえずはいい感じです。

Hb9cv_0132_4
    架設したHB9CV(CD78と714XXのサンドウィッチ)

 架設後、早速バンドワッチをして見ましたが、昼日中にはノイズばかりです。明朝狙いでお預けとなります。使用感は別途後報とします。

|

« ARVP-10とMicroSoft Update | トップページ | 17mHB9CV 4エレの実力? »

アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295987/37544090

この記事へのトラックバック一覧です: 17mHB9CV 4エレの架設!:

« ARVP-10とMicroSoft Update | トップページ | 17mHB9CV 4エレの実力? »