« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

タワーコントロールボックスの取り替え

 先日タワーコントロールボックスにケーブルがからまっていたのを気づかずに、クランクアップしてしまい、割れてしまったコントロールボックスと、ケーブルガイドアームの保守部品が届き、陽気も10月の様な暖かさでしたので、交換をしました。

■タワーコントロールボックス
 まず、壊れたボックスを取り外しする必要があります。5本ケーブルが入っており、20+αのケーブル接続端子から、戻す時様のタグ付けをして取り外し、ボックス毎回収します。
シャック内で、タワー取付用の穴明けと、パイロットランプ2ヶの穴あけを行い、部品の乗っている板はそのまま新品ボックスのものと入れ替えでOKです。
ワターに取付、タグ通りにケーブルを接続し動作確認できれば終了で、さほど時間も掛からずに終わりました。

■ケーブルガイドアームの取り替え
 ぐんにゃりとお辞儀をしてしまった、アームを取り替えは、取付Uボルトは再利用可能でしたので利用しましたが、テンションに耐えられる様アームから出ていたヒモは切断されていましたので、交換とテーピングで養生し、以前と同様程度のRを付けてケーブルを垂らすようにセッティングしました。FTIの工事は中々綺麗かつ強度も意識してやっていますので、ケーブルをガイドする切れの残ったヒモを取り外すのが結構大変でした。
 最近、アンテナ関係工事が多いせいか、タワーに登るのもしんどくなくなり、タワーの上で1~2時間作業も足裏に痛みがくることもなく、平気になった感じがしますが、相変わらず翌日は、筋肉痛に悩まされます。

■ついでに
 ついでに、第一ターワに設置してある、監視カメラドームの清掃と、取付用の木板のペンキが剥げていたので、再塗装を実施ました。風雨にさらされる場所ですから、約1年でペンキもはがれてきます。(設置時は、スプレーペンキでしたので尚更弱い)

Repair_005_2_2 Repair_010_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スローパワイヤー巻取り器

 160m用のスローパアンテナワイヤーをタワークランクダウン時に巻取りする、ハンドウインチをオークションで1k落札し、取り付けて見ました。
思ったより、頑丈?(当然ですが、ウインチですから・・・)で、軽量のアンテナワイヤーを巻き取るには、ちょっと大げさになってしまいました。園芸用の水やりホースの巻取り器でも良かったのですが、ホームセンターを探してみたものの手頃な大きさ、価格のものがなく、オークション漁りで購入したものです。
 クランクダウン後に手動巻取り、クランクアップ時に自動リリースと行けば良かったのですが、巻取り器そのものが、結構重量があるのと、ハンドルが重くアンテナワイヤーのテンションでは回ってくれず、リリース時も手動操作が必要となってしまいました。これは期待外れですが、クランクアップ時の事故もあったので、クランクアップ前の状況確認をするためには、ちょうど良いかと自己納得したいところです。

Repair_001_2 Repair_002_2 Repair_004_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クランクアップタワー・コントロールボックス破損!

 ある時、クランクアップタワーの下部に設置されている、プラスティク製の制御箱が破損されていました。そうそう壊れるようなものではないのですが、金槌でたたき割ったような状態で、側面がバッキリ割れている状態です。
 最初は、何が原因かわからなかったのですが、目を上にやると、ケーブルガイドアームもぐんにゃりと下にお辞儀をして、ガイドに固定するための黒ひもが引きちぎられている状態です。
 原因判明!先日吹いた台風並の大風で、タワーから降りているケーブルがこのボックスに絡まっているのを確認せずに、クランクアップしてしまったために、破壊してしまったようです。同軸とかのケーブルを確認すると、こすれたような傷もあり、位置も一致しますので、確定のようです。さすがに10D2Wのケーブルですので、そんじょの力では切断することもなく、この勝負ケーブルの勝利だったようです。幸い、制御装置そのものには影響がなかったようで、タワーの上げ下げには問題ないようです。

Broken_001_2_2 Broken_006_2_4 Broken_010_2_2 Broken_005_2_2

 FTIに連絡して、保守部品の手配をお願いしましたが、想定外の出費となってしまいました。(ボックスとガイドアームで8k程度とのこと)
寒い季節になってしまったので、中々修理する気持ちになれません。現在はビニール袋をかぶせて雨水の入り込むのをガードしてますが、ガイドアームは補修しないと、クランクアップする際、ケーブルに負担が掛かってしまうので、部品が来たらタワー登りしないといけないですかね。

 クランクアップの制御は、シャック内からできます(私はリモートでもしちゃってますが)が、やはり確認しながらでないと思わぬ事故に結びつく教訓となりました。第一タワーには監視カメラを設置していますが、今回事故の発生した第二タワーにはカメラ設置をしていませんので、当面リモート運用での利用は停止となりそうです。

みなさんもお気をつけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »