« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

油断大敵!忘れたころにやってくる天災!!(直撃落雷の巻き)

 私の厄年は、過ぎたはずなのに、今年は自然災害に見舞われる年になってしまいました。

3月には、大震災に遭遇し、無線関係はほぼ影響なかったものの、自宅周辺は液状化でデコボコ、計画停電に、3週間の断水、1ケ月以上の下水の使用制限と踏んだりけったりだったのですが、8月末にも次なる災害に遭遇してしまいました。

 8月24日(水)のちょうど正午ころだそうです。シャックのある実家より、携帯に「無線のアンテナに雷が落ちたみたいだよ」との連絡が・・・・
落雷にあったと電話で言われても、遠方にいる訳で、とりあえず何もできる訳でもなく、被害が最小限であることを祈るばかりでした。

 帰宅後、リモート接続で監視カメラでの目視確認と、正常に操作できるかを確認しようとしましたが、VPN接続自体が失敗!となり接続できません。1ケ月前に、ADSLからFLET’S光に変更したばかりなのですが・・・・ 光モデムに接続されている電話機(Fax)にダイヤルしてみましたが、これも故障している案内メッセージが流れ接続できない状況でしたので、一切、状況確認はできませんでした。

 週末の夜、嫌な予感を抱きつつシャックに向かい、まず駐車場側のタワーでクランクアップ・ダウン操作をしてみましたが、2基とも全く反応せず。シャックに行くと、分電盤ブレーカーが落ちていたので、上げてみると「バッチ~ン」と焦げ臭い臭いがして、またブレーカーが落ちてしまう。これは只事ではないと、全てのコンセントを一旦抜き、ブレーカーを戻した後に、ひとつずつ入れて行くと、自作の電源遠隔制御系の装置がショートしているようで、それ以外を入れて行くと、悪夢ではないかと思われる状況になっていました。

 やっと、パソコンを入替でき、ブログ掲載ができる状況に・・・

◆無線関係被害状況
 ①FT-DX5000 電源は入るがVFOが動作せず。(
後日、WDXC修理可能回答)
 ②FT-2000D   電源は入るがAF出力でず。(
後日、WDXC修理可能回答)
 ③VL-1000      電源入らず。(
後日、WDXC修理不能回答)
           ジャンクでオークション行きが現実に!
 ④その他(シャック内の機器でやられたもの)
  a)パソコン×2台(救いは、HDが再利用できたこと)、全損扱いで廃棄
  b)自作リモート制御機器×4台、部品再調達し修理
  c)ネットワーク機器(モニコン、HUB、ルータ等LAN上のもの全て)、全損扱いで廃棄
  e)ローテータコントローラ(モータ部か判別できず状態)×2、修理予定
  f)タワー操作コントローラ(内部IC割れ)×2、修理予定
  g)FTC(PICマイコン機能せず)、修理予定

 ⑤タワー    2基とも、制御盤の基盤内部品が吹き飛んだ状態のものある。
           修理予定
 ⑥ローテータ  2基とも回転せず。全損扱いで保守部品で保管
 ⑦アンテナ
  a)CD78     これに直撃のようで、コイル部分が爆発し吹き飛んだ状態
            保守部品調達し、修理予定
  b)714XX   無事
  c)HB174DXC 無事(18MHz4エレHB9CV)
  d)218H     無事(落雷以前より調子わるし)
  e)GP他     無事?
 ⑧その他アンテナ系
  a)CSX-4   動作せず(直下型アンテナ切替器)、修理予定
  b)監視カメラ  タワートップ、ベランダ設置のWebカメラとも動作不良で
            あったが、リセットして復旧

0982
  CD78コイルが吹き飛び髭状に!

0922
     炭化してしまった、パソコン電源内部

0952
   自作リモート制御装置に組み込んだRBIO-2U(三端子レギューレータ焼損傷) 

◆家屋内被害
 ①エアコン    200V系の室外機基盤が焼損傷し動作せず、修理
 ②電子レンジ   動作せず、修理
 ③パソコン    電源入らず、全損扱いで廃棄
 ④テレビ      デジタルTVは全て無事、アナログTV×2台損傷、全損扱いで廃棄
 ⑤光モデム     レンタル品のため、即日交換

◆教訓
 ①油断
  今年は、雷がやけに少なく、例年は東電雷情報を確認しているのですが、
  今年は怠り、かつ通常状態(アンテナをリグ接続、コンセント接続状態)
  にしてしまい、かつ、タワーが中間位置で状態で全くもっての油断!
 ②アース
  被害を受けた機器を眺めてみると、テレビ以外全てアースを取っている
  ものでした。2階シャックなんで高周波的なアースは期待できないのは
  判っていましたが、保安用ということでコモン対策をしてアースを取って
  いたのが仇になってしまいました。
  今後、アースのあり方再検討です。

◆対応
 家屋内のものは、火災保険でなんとかできそうですが、修理不能品は購入価格 に、減価償却分を差し引いた残存価格を保険会社が出してくるそうなんで、免責分がどの程度になるかビクビクです。
タワーやアンテナは、粘ってみたのですが家屋に掛けられている保険であり、ケーブルで接続されていても対象とはできない・・・と譲ってくれませでした。

◆今後
 なんとか復活させたいですが、被害範囲が広範囲ですので、しばらくは、QRTとなりそうです。生き残りのTS-2000や復活した101ラインで細々QRVもできますが、タワー・アンテナの大物修理に時間が掛かりそうです。
来年のコンテスト-ズンを目標に復旧をしようと思います。
 タワーとアンテナに掛ける保険を提案させようと思ってます。(以前はJARLの保険にも動産保険が付加されていたので、災害も保険対象となっていたようですが、現在のは対人・対物だけの限定のようでNG)


 今年は、地震・雷と来てしまい、火事だけは避けたいものです。ご覧頂いたみなさまも油断大敵!忘れたころにやってくる災いです・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »